低用量ピルの飲み方

Girl is thinking

人にとって、子どもができるということは基本的には大いに喜ばしいことですが、タイミング的に「今じゃない」というときはあると思います。
たとえば若いカップルの場合、「まだ結婚前だから妊娠は避けたい」とか、「もう少し経済的に安定してから子どもを作りたい」といった事情があるでしょう。
そのような事情を抱えたカップルのために存在しているのが、さまざまな避妊方法です。男性ができる避妊の試みとしては、男性器に装着するコンドームが代表的なものとして挙げられます。コンドームはコンビニでも購入できるし、簡単に取り扱えるしということでたいへん便利ですが、使い方を間違えると、破れたり外れたりして避妊に失敗してしまう場合があります。この方法は、120%完全とは言えません。

一方、女性が服用することで避妊を実現する低用量ピルは、ほぼ100%という高確率で成功する避妊薬となっています。
低用量ピルは女性ホルモンのバランスを調整し、「受精」という現象が起こらないようにする効果があります。きちんと使い方を誤らずに服用すれば、安心して愛を深める性生活を営むことができるでしょう。開発当初は副作用が大きいというデメリットもあったのですが、最近では副作用も非常に小さいものになっており、副作用を感じることなく効果だけを実感できるという人も増えています。

効果は確実。副作用もない。ということでほぼ完ぺきに見える低用量ピルですが、コンドームと同じく「正しく使う」ことが大事です。
たとえば、低用量ピルは毎日1錠ずつ飲み忘れることなく必ず飲まなければならない薬です。「2、3日飲み忘れてしまった」などということが起こると避妊の効果はなくなってしまうので、要注意なのです。